2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
スポンサーサイト
--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
プロポーズ大作戦 最終回
2007年06月26日(火)
スッキリしてるはずなのに
なぜかスッキリしなかったのはな~ぜ~(笑)

毎週いいとこで流れて
心がきゅーーーーってなってた桑田さんの主題歌だけど
今週ばかりはラストのシーンが気になって早く観たくて

ちょっと邪魔だった(爆)




【More・・・】

映画「卒業」みたいに
ウエディングドレス姿の新婦の手と取って
二人で仲良く駆け出したらスッキリしたのかなぁ…

どうみてもケンゾーと礼はやっと交際スタートになるんだろうけど。

このドラマを見ながら感じたり思ったりすることはいろいろあった。


・恋って淡くて儚い。
 片思いこそ恋。

想いが通じれば恋からまた違う形に変わるのかも。
それを愛って言うのかも知れないし。。

先日Leeちゃんのパーマに付き合って(ストパあてた)
待ち時間が暇だったのでここんとこベストセラーになってる
「女性の品格」を読んだんだけど
ちょうど恋に関することを書かれてるとこがあって
そこはすごく共感して読んだ。
あとは思ったより当たり前なことが書いてあって
でも、当たり前なことを当たり前にやれない人も多いし
自分も頭では分かっていても、
いざやってるか?と問われれば疑問。
でも、この本読んで思ったこと、、、

私って結構、品格あるやん(爆)

いや(汗)、
でも昭和マダム世代の人はみんなそういう意味では品格あります。
少なくとも私の友達はみんな品格あります^^


話はプロポーズ大作戦に戻って

・相手のことをより想ってる方がやっぱり
 損。負け。

だからって優位に立ちたいからいつも人をすごく好きにならないとかって言うそんなんじゃなくって。

損でも負けでも
それくらい人を想える人は優しいと思うし、
でも不器用でおいしくは生きられないかもしれないけど
でもそういう人は好き。

礼のことを想いすぎて
礼が幸せなら邪魔できない、それでいいと思ってしまうからこそ
過去に戻っても自分の気持ちを押し通せなかったケンゾー。
ま、学生時代は友達でいたかった、そぼにいたいって思いがあるから一歩先へ進めなかったわけだけど。

礼のことが好きだからこそ
ケンゾーの元へ行けるように仕向けた多田さん。

やっぱり好きすぎると
相手の幸せを願ってしまう。
相手の笑ってない顔は見たくない。
自分のせいでその笑顔が曇ってるっとしたら耐えられない。


・想われるほうが幸せなのか

そうなんだろう。
頭ではわかっています。さすがにこの歳になれば。

愛とお金、生きていくにはどっちも必要不可欠。
究極どっちかならお金ってことも頭では分かってます。

でも、本能は反対を選択してしまう私なんだなぁ…

多田さんは知っている。
礼のケンゾーに対する気持ち。
でも、健のことを諦めて自分と歩いていこうとした礼の、今だけを見て信じて礼を愛した。
ちょっと結婚で縛ろうという気持ちがあったのかもしれない。

結婚しても結婚前同様
多田さんと礼には穏やかな優しい時間が流れれるんだろう。
喧嘩なんてしない。
でもバカ笑いすることもない。

結局好きだから、礼のことが好きだから
礼を自分のものにできなかったんだけど。


・他人を傷つけてまでも

披露宴の祝辞であれは一般的に考えてない。
百歩譲ってドラマだからという思考回路にチェンジして…
あの場であの真剣な告白はずるいよ。
十分逆転満塁サヨナラホームランになる。

だけど残された多田さんや家族親戚、すべての人には迷惑な話。
立場なんてあったもんじゃない。

新婦にとっても迷惑な話。
結婚当日にこんなことを言う男友達がいたのか
はたまたこんなことを言わせる男がいるような尻軽女だったのか
とか思われかねない。

でも、そんなことすべて承知で
その後のことを想像しつつも
それでも何か伝えたい、自分の思いを通したい、
そう思って行動した健をケンゾーを私は応援してしまう。

恋愛に限らず自分の思いを通そうとするとき
人を傷つけてしまうことは避けられないのかもしれない。

人を傷つけないように生きるのも
自分の信念を曲げないのも

どっちも苦しいし辛いし
どっちが正解なのか、正解があるのか、
私には分からないけど。

ただ、
もし自分の子供が自分の思いを通す為に誰かを傷つけるようなことになったなら
世界中敵にまわしても私は子供を信じたいし応援したいし
謝らなければならない人には土下座して回ってもいいと思う。


軽いノリのはずの月9で、
思いのほか語りたいことが溢れてしまった…

この後にに観た田中3の方が(←やっと観たらしい)
よっぽどスッキリしたわ。


【編集】 |  09:16 |  drama  | CM(9) | Top↑
コメント
●☆コメントレス☆
>ミキティ
こうやっていろんなことを思える作品ってのも
なかなかいいよ~~
一般視聴者が意見を言いたくなるドラマだったし大成功だと思うわ~

いや~~実は私は
実生活において、ケンゾーみたいなこともしたし
多田先生みたいなこともしたし、礼みたいなことも、多かれ少なかれしてるので(汗)
「それは違う!」と強くいえない弱い立場なので
実は自分擁護?正当化?感想だったりする(爆)
tomo |  2007.06.29(金) 08:38 | URL |  【編集】
遅ればせながら・・・感想を・・・

う~~ん。私はなぁ気持ちっていくら思ってても
言葉に出さないと絶対伝わらないとずっと思って
生きているから、ケンゾーには、ほんとに毎回腹がたった。ドラマだからしょうがないけど。
ひっぱらないとイケナイし(笑)

私はそういうタイプじゃないから最後まで納得がいかずに見てしまった。
結婚式でこれはやっぱダメでしょ~
その前になぜ気づかない!!

って私が思っても人それぞれ思いはあるから
これまたしょうがない。
実際ほんとにありえる話だろうし。

ただ、人を傷つけて分かる前に気づくことができれば
イチバンいいよね。
ミキティ |  2007.06.28(木) 23:11 | URL |  【編集】
●☆コメントレス☆
>ピンクさん
高校生のころの方がドキドキ感があった
↑同じくそう思った。
と同時に実生活でも高校時代のようなキラキラは卒業して大人になっていくとなくなるもんなんだなぁとも思ったわ。

本に書かれてる品格ならピンクさんは十分すぎるほど兼ね備えてまっせ~



>えみさま
東京タワーを放置してるのに
ケモノとか品格とか違うものばかり読んで申し訳ない(汗)
この品格の本は実はなぜかパパが購入しててん。
なんでかな(笑)

あ、立ち読みってヲタな本ばかりとちゃうんやー(爆)



>うっきー
そうそう、妖精の台詞、響くものがあったわ。。
女は最後の恋か・・・
過去を悔やむより今を、未来に繋がる今をか・・・
それを気づかせるために過去へ送っていたのか!?(笑)
三上さん、いい役だったよね~

なんか、叶わなかった恋の方がいい思い出になってるというか、勝手に美化してるだけかな(笑)



>ちゃおさん
好きな人にすごく想われるってのが究極なんでしょうかね^^
なかなか難しいけど(笑)

なんだかんだ言いながら
ケンゾーと礼は最終的には上手くいかない気もしてます。
付き合っても結局何度も関係を解消して友達に戻ると思う。
なのにいつもお互いが気になって他の人とも上手く付き合えない、そんな風に想像。
お互いに好きすぎるってのが逆に難しいんじゃないかと。ひねくれてますね、私(笑)

自分の思いを貫くのってできないじゃないですか。
ま、結局このエントリーの結論としては
「だから私は仁を尊敬しているし好きなんです」
ってことかな(爆)



>えるちゃん
だから、これも実はめっちゃ仁語りなんやけど(笑)


最初にストパをLeeちゃんがあてたのは1年生の春休みだったの。
モー娘みたいにしたいらしくて。
ちなみに今回は目指せ新垣結衣ちゃんってことで^^
私はね、ほんまは子供だってパーマもカラーもしたいねん。
みんな黒くて真っ直ぐである必要なんてないと思ってるの~
でも、子供が茶髪やウェーブにしたらどうしても変に見られるし、長いものに巻かれてます・・・
外国だったらそんなこと何にも気にしなくてもいいのに。
そんなとこも日本ってやだなって思う一面なのよねー。



>miwaちゃん
息子を持ってるとまた違う視点でみれるのかもね。
ってことはケンゾー擁護目線だったってことね。(笑)
ラストシーンがどうであれ、こうやっていろいろ思うことがあるドラマってのも、賛否両論意見が飛び交うってのも、ドラマとしては成功なのかもねー

往生際が悪くって勇気がなくて自分の気持ちに鈍感な私には
ケンゾーの気持ちも多田さんも礼も
みんなすごいわかるとこ多いんだなぁ・・・
ほんとに土壇場にならないと気づかない気持ちってのもあるよね。
tomo |  2007.06.27(水) 08:37 | URL |  【編集】
tomoちゃんの感想をよんで気づいた事。
私は、ケンゾーに共感してたんだって事。
でも、自分に置き換えてたんじゃなくて、
ケンゾーを自分の息子におきかえてたみたい。←ずうずうしい?(笑)

もし自分の子供が自分の思いを通す為に誰かを傷つけるようなことになったなら
世界中敵にまわしても私は子供を信じたいし応援したいし
謝らなければならない人には土下座して回ってもいいと思う。
↑↑↑↑↑
そうそうこの気持ちでみてたんだ!!ってわかったよ。

すげーなーともちゃんv-238

なんか、すっきりした。
miwa |  2007.06.27(水) 01:35 | URL |  【編集】
tomoちゃんの仁語りにはいっつもめっちゃ笑わせてもらって納得させてもらうけど
ドラマ語りや恋愛観にはいっつもあ~、全然感じ方ちゃうな~と思う私であった。
で、そっちはおいといて。

ストパ当てるんや・・・・・
私的に小学生にはパーマはストパであれNG派なんやけど、今時はそんなこと言ってたらあかんのかな~
える・るるる |  2007.06.27(水) 00:39 | URL |  【編集】
私もプロポーズを見て、いろんなこと、考えさせられました。。。

この年齢で、結婚もできない私が言うのもなんですけど、一生かけて、あんなに、想いを募らせる人と巡りあって、それで結婚して、幸せに暮らす。。。
そんな人に出会いたいっと。。。
いまさら無理だけど・・・。(爆)

想われる方が、幸せなんだと、周りの人は、いう。
でも、想われても想えなかったら、無理なんじゃないかな・・・。いくら周りが幸せだとわかっていても、
自分が幸せになれない。
こんなことばっかり言ってるから、ダメなんだけど(苦笑)

他人を傷つけてまでも、守りたいものは、誰にでも
あるんじゃないかなって思います。
それぐらい大事なもの。持っていたいな。
ちゃお |  2007.06.27(水) 00:19 | URL |  【編集】
「男は初恋を忘れる事が出来ず、女は最後の恋を忘れる事が出来ない。」

「過去を変える事よりも、今を変えて未来につなぐ事が大事」


ドラマのエンディングには
う~ん・・・やっぱり
スッキリしなかったけど
妖精の言葉がなんだか
染みたわ。
うっきー |  2007.06.26(火) 22:28 | URL |  【編集】
そこがな~まだまだ子供なワタクシで・・
愛ルケのDVDもそろそろ発売?みたいやし
見てみなくっちゃ!

「品格」はちょっと前に立ち読みしたわ♪
いいこと書いてあるよね☆
ケチだから買わなかったけど・・(笑)
えみ |  2007.06.26(火) 19:00 | URL |  【編集】
「プロ大」に関しては、自分のブログにupしといた

「品格」かぁー
ワタシ、自信ないわ・・・・
品のある(ように見える)男性が好きやけど
自分となると、まったくもってダメ(涙)
ピンク |  2007.06.26(火) 18:31 | URL |  【編集】
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。