2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
スポンサーサイト
--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
ソーシャルネットワーク
2011年02月01日(火)
ナップスターとか
(傷心の11月このdocomoのCMに助けられた)
ティンバーレイクとか
(LOVEJUICEってティンバーレイクな雰囲気)
あの赤い長いちょっとイチゴ味の歯磨き粉みたいな味のするお菓子とか
(この前のNY公演で食べてたんだっけ?)
PARTYって単語連発とか
(いわずもがな)
とにかくいちいち仁の匂いのする映画だったよ(笑)
あと音楽もクラブ系多様で「今」だなぁと思う。


※ネタバレあります









話は聞いてたけどしょっぱなからものすごい早口で
早口言葉のようで
そのまくし立てるような話し方に
こりゃ女は引くわ・・・って思わせる主人公
facebookの創始者でもあるマーク。

最初早って思うその話し方が気付けばそれが普通にすらなってて
ムカつくコト言ってるんだけど
間違ってるかと言えばそうでもなくて
これって・・まさにこれがネット?!っていうか
正しいけど人間らしくないっていうか。。
ネット自体がこういうスピードの中にあって
とにかく立ち止まることがなくて
常に常に新しく更新されてて・・

映画のスピードとネットのスピード
どっちもほんとに早いです。

例えば法曹ものとか証券ものとかスポーツものでもそうだけど
多少その分野の知識がないと
っていうかあったほうがより楽しめると言うかそういうのってあるけど
この映画も多少なりともネットの知識があったほうが楽しめるんじゃないか
できるならfacebookを利用してる方が意味がわかるんじゃないかなという気はしたんだけど。
結構年配の方もいらしてて
偏見で申し訳ないけど普段キーボードを触りそうにないような感じの方もいらしたので
(映画の日だけにほぼ満席だった)
そういう方にも面白い映画なんだろうかというのはちょっと思った。

という私がネットに長けてるわけでもなく
でも、ミクシィだったりツイッターだったりをやってるくらいの人なら十分わかる範囲なんだけど。

彼の抱えてる2つの訴訟を軸に時間をさかのぼってここに至るという話の展開が
まぁ実にテンポよくてスマートな本だなと思った。

フィンチャーが描いたマークとご本人とはもちろん違うんだろうけど
映画の印象のマークは天才らしいプライドが高くてなんとも人付き合いが下手な感じで。

巨額の富を得ても大事な友達には訴えられ
大事な彼女には振られ。

映画のラスト
彼女に友達申請して彼女が承諾するか何度も何度もページを更新してるシーンで終わっちゃう。
あの後彼女から返事はあったんだろうか。。

映画的にはあったらいいなと思うし、
彼女(エリカ)が未だにめっちゃ怒ってるわ!的なシーンを入れてたので
それって逆にまだ脈あるってこと?って思えるけど
女性目線でみると、こんな男とは金輪際関わりたくない!!って思うんちゃうかなと・・。
だいたい更新を何度も行ってるようじゃまだまだ彼はダメだ(笑)
それでも更新しかできないのかな~

マーク自身はコンプレックスの塊りだったのかもしれないし
ショーンに会わなければ地味に暮らしてたかもしれないし
でも、彼のエネルギーのぶつけどころはネットだったってことで
彼の選択は間違ったかもしれないし
正しいのかも知れないし
それは誰にもわからないし。

見終わったあと太い本1冊読み終えたくらいの満足度がありました。

面白かった!

【編集】 |  22:15 |  movie  | CM(0) | Top↑
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。