2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
スポンサーサイト
--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
悪人
2010年09月14日(火)
先日のモントリオール映画祭で深津さんが最優秀女優賞を受賞したことでも記憶に新しいのだけれど
「悪人」観てきました。
まぁ、女優賞を獲ろうがとらまいがそんな事は私には関係なく
妻夫木くんの悪人が、気になってて
どうも根っからの悪じゃないようだって、
それで公開前からすごく観たくて。

今日はTOHOの日だし(@1000円)昨日ネットでチケット買おうと思って覗いたときから結構席埋まってるなぁとは思ってたんだけど
上映時にはほぼ満席状態だった~
空いてるのは前列3列くらい。その3列にも人がいるくらい。
そしてお一人様率も高く(私もお一人様)
ま、皆火曜だから誘う人がいなかったんだろうけど(笑)

今、映画館の予告ってすごいねぇ
これはジャニーズフィルムフェスタですか?ってくらい。
(あぁ、フィルフェス@2006でも滝様にはお世話になりました~~・深礼)
草なぎくんに木村くんに岡田くんにニノに大倉に出るわ出るわ(笑)

しかし、大倉@大奥、美しいでございますなぁ~
ここんとこ映画館行くたびに、素直にそう思っとります。


以下、映画ネタバレあり。


【More・・・】

--------------------








当たり前だけの日常に突然やってくる非日常。
もちろん当たり前であることの、平和であることの、ありがたさとか感謝する気持ちとか
そういうのは十分わかってるんだけど
それでも人って欲深くて、それだけではつまらなくて
日常を捨てて非日常へ足を踏み入れちゃうっていうか。

抑揚のない毎日に突然現われるキンパの男。
地味に地元の学校出て地元で就職して地味に暮らしてきた女には到底縁のなかったタイプの男。
理性で過ごしてた毎日とは真逆の本能が目覚める。
ラブシーンも話題になってるけど(まぁそこに注目の映画じゃなかろうにと思うけど)
以前ananの企画で仁の愛するオトコに愛されたいってのがあったけど
そういう感じ?感情が激しく伝わって、シーンとしてアリです!(断言)
もっともananの仁はもっと優しくxxxxxx(ピー)しそうだけどね ̄▽ ̄(←tomoちゃん、顔がスケベになってますー)
仁も愛してはいけないのに愛してしまうみたいな役こないかな・・・(切望そしてday dreamer ̄▽+ ̄)
あ、
映画に戻って
2回目のこのシーンはすんごく切ないです。。。


殺人犯と知って引くどころか、
痛みを共有するかのように逆に絆が深まってしまう。
家族間であれ友達間、男女間、同僚、ご近所の方、
どんな関係でもなんらかの苦労を共にしたり
底辺なとこを一緒に乗り越えたりすると絆って生れると思うんですよね。


岡田将生くん、
上手いねー
爽やかな生徒から、病んでる生徒、ひねくれた生徒、
闇を抱える青年、ときには見た目をフルに活かした好青年、
そして今回は金持ちの親のすねかじってて世間を甘く見てて中身がなくて親の金で遊んでたりするようなどうしようもない地方のボンボン大学生。
あれだけ美形だとその容姿が邪魔をして役を選ぶんじゃないのかなと思うけど
全くもってそんなことない!!
どんな役でも嵌ってるんだよなー。
ちなみに近々公開の映画はお侍さんなんだけど、鬘も乗ってるんだよー(似合ってる)

上手いといえば、もちろん皆さんそうですが
樹木希林さん!!
ものすごく長崎のおばあちゃんで。
昔から老け役をされてはいるけどね、いやぁ、なんか動きとか仕草とか。

最後、首絞めるシーン。
彼女に自分は悪い男だと知らしめる(と私は解釈したんだけど)行動が泣けた。
でも、彼女も彼が本当は悪人でないことわかってて・・・。

ラストの涙をいっぱい溜めて灯台から海を見る画
台詞のないそのシーンから
後悔、愛する気持ち、決断、たくさんの想いが伝わってきてとてもいい画でした。

ただ・・・やっぱり人殺しはだめです。。
おかげで映画のほとんどブッキーうつむいてる。
やっぱりいつも綺麗な空を気持ちいいって見上げられるよう
太陽って眩しいーって汚れない心で言えるよう
真っ当に生きようと思ったのでした(笑)



【編集】 |  17:25 |  movie  | CM(0) | Top↑
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。