2017年04月/ 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月
スポンサーサイト
--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
記念撮影 LA
2010年11月16日(火)
Club Nokia

club nokia


スポンサーサイト
【編集】 |  20:00 |  live  | CM(0) | Top↑
YELLOW GOLD TOUR 3010
2010年09月16日(木)
yellow gold TOUR 3010
やっと詳細が出て、
よかったです。おめでとうございますー。
jinakanishi.us

舞台の設定は近未来だったはずなのに3010年ってめっちゃ未来やん
とか
ベガスとアナハイムの行方
とか
何よりまず9月10月ちごたんかい
とか
突っ込みましたが、
すべて置いといて
やっと新しい道が目に見えたことを心から嬉しく思うし良かったなと思う。
たとえアメリカには行けなくてもね!

あ、シングル、アルバムも、まだ霞んでいるとはいえ、
霧のかなたに確かに見えてきたじゃないですか≧▽≦
楽しみだ~

あぁここまで長かった(笑)

さて、今日は Mr.Childrenの Split The Differenceを観てきました。

※以下映画ネタバレ含む※

ファンにはたまらない映画でした。
だって「音楽作業」が見れちゃうんだもん。
想像してみて。
好きなアーティストの制作風景を垣間見ることが出来るのよ!
カメラが回ってるから100%ってわけではないのかも知れないけど
アーティストの私服だったり、そういうのも見れるし。
映画はそういう音楽作業の合間に完成された楽曲をパフォーマンスする様子がいい具合にサンドされてて
映画館で音響もいいし、歌が心に沁みる沁みる。
ほんとに桜井さんってば天才!!
天才的な歌詞が心に響いて、そしていろんなことにもリンクして、
終わりなき旅とか涙が止まらなくなって。

♪高ければ高い壁の方が、登った時気持ちいいもんな・・

うんうん!!そうだよ!仁、頑張れ!!




あ、そうそう、、
BANDAGEはリアルに音楽業界を描いてるなんて評も聞いたもんですけど
音楽業界人でない私にはそれはわからなかったんだけど
今日の映画の中でレコーディングしててソファーに座って皆が音を確認してるシーンとか
BANDAGEの元気のレコーディングシーンそのままだった(笑)
あ、これかと(笑)

それから



実はBANDAGE公開当時はアンチ評を目にするのが怖くて素人レビューとか見れなかったんだけど
昨日たまたまというか、何故か読んでみたくなって、勇気を振り絞って(笑)見たんです。
ちなみにYAHOOレビューですけど、
思ってよりは☆付いてました。(ハードル低かったので)
で、確かに酷評も多かったです。
ま、そういうアンチが書いたようなのは読んでないんだけど、
逆に明らかに仁ファンだなってのも読んでなくて、
できるだけ、ちゃんと純粋に映画ファンで映画として観て書いたような人を選って読ませてもらいました。
もちろんファンが映画ヲタな振りしてたのもあるかもしれませんが。
そしたら結構好評で
仁くんの演技についても賞賛して書かれてるものも少なくなく、
私は仁ファンだから、もう純粋な映画の感想とか書けなかったんだけど
そうやってきちんと見れる人たちにそういう風に書かれてることがすごく嬉しかったです。

だいたいこの映画に限らず
ストーリーが理解できないから☆1つみたいな
あり得ないレビューとか平気で書く人も多いから
素人レビューってあんまりどの映画でも参考にしないんだけど、
ストーリーが理解できないのは自分の度量のせいだと思うんで。
そういう人はわかりやすいストーリーを選って観ればいいことだと思うし。

BANDAGEは感覚の映画であり自分の感性の映画であり行間を読む映画だったから
まぁ素人評価的には賛否両論になるのはよくわかりますが。

で、今日Split The Difference観てさらにBANDAGEにおける音楽の役割を再確認しまして
公開時も書いてたんだけど
台詞は本心じゃなかったりするようなとこも多かったけど
登場人物のほんとの気持ちは歌詞に乗せられてるんだなぁって。

秋の夜長だし
ちょっと久しぶりにナツに会ってこようかな^^


【編集】 |  21:54 |  live  | CM(0) | Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。